eトレで中学受験対策



先日も中学受験対策のためにeトレnetの受講申し込みをされた方がいらっしゃいました。お子様は小学3年生。まさにeトレ学習はとても使いやすい時期と言えます。

何を隠そう、昨年うちの子も通信教育とeトレを使って、塾には行かずに中学受験に挑みました。そして、受験校全てに合格することができ、現在はとても満足のいく中学生ライフを送っています。


小学3・4年生の頃は、親御さんが受験という選択肢を本気で考え始める時期だと思います。

普段の子どもの様子を見ていて、勉強が好きだったり、学習面で得意なことがあったり、集中力があったりと、うちの子勉強に向いているかも、と感じるところがあれば、当然受験を考えることと思います。

ただ、この時期、本人は受験に対するイメージははっきりせず、受験してみようかな、というくらいの思いはあっても、具体的にどのようにどのくらい勉強を頑張るのかなど、あまりよくわかっていないというのが実情ではないでしょうか。

これが結構悩みどころだと思います。受験勉強は遅くとも4年生からと言われ、やるなら本気で挑まないといけない。しかし、3年生はまだまだ子ども、親子で腹を決めるには、なんとも時期が早すぎる気がします。


そこで、本人が勉強に前向きであれば、できるだけ先取り学習を進めるというのは一つの手だと思います。受験をするかしないかは、もう少し後で真剣に考えるとして、とりあえず先に学習を進めておき、もし受験となっても困らないよう少しずつ準備を進めておくのです。


実は、うちも小学3、4年生のころから、eトレで算数や漢字をどんどん先に進め、5年生の時には6年生の内容を全て終わらせていました。

塾に行くのは手っ取り早いし、正攻法かもしれません。でも、後に引けなくなるような気がして、躊躇したというのも事実です。そして、結局のところ、受験カリキュラムの揃っている通信教育で最後までやり通しました。


eトレは中学受験対策用の問題シリーズもあり、本格的な受験勉強に入ってからも利用できます。


これから受験をお考えの方や、お子さんが勉強が好きだから先に進ませたいという場合にも、eトレはとても良い教材だと身をもってお勧めできます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示